Megumi Takeichi タケイチメグミ 武市萌美 
1987年生まれ
ラクダアーティスト

ラクダとの出会い

中学生の時にみたラクダレースの映像でこんなにもラクダは速く走るのかと衝撃
が走る。
6年ほど名古屋で美容師を続けたがラクダレースへの好奇心が抑えきれず、 
街の名だけを頼りに単身オーストラリアへ。
だだっ広い大地で途方にくれながらも転々とし、ついにラクダ牧場をみつける。
近くでみるラクダは思ったより大きく一緒にいるうちに大好きになってしまった。
そしてそのまま牧場に滞在しラクダレースに出場させてもらう。
協力してくれた人たちのおかげでここまで来れたんだと感謝の気持ちで
胸がいっぱいになる。
ああ旅って面白いな~と、そこからラクダを追いかける旅が始まる。
あれやこれやとラクダを追っかけている間にインドでラクダの毛刈りと出会い、
それから祭の時期になるとラクダの毛を刈っている。
インドに行くなんて、これっぽっちも考えてなかった自分が今では大好きな人やモノでいっぱいだ。

インドラジャスタンにて

★ラクダアートとは。。。 

インドはラジャスタン地方やパキスタンなどに伝わる昔からお祭りや祝い事の際
ラクダの毛をカットして絵のように着飾る文化がある。

ラクダの毛を一定の長さにして更に毛をハサミでカットしていく。

現地で私が関わった人達の日々の暮らしや驚いたこと、面白かったり色んな物事を
ありのまま伝られたらいいなあと思う。あまり知られていないラクダアートを通して
”ラクダ”という動物のものすごい能力と可能性をどんどん広めていきたい。
ラクダ以外、日本では何してるの?とよく聞かれますが、
日本にいる間はインドや海外で制作したオリジナルの雑貨の販売やアクセサリーなどを
作ったりしています。
モノを作ったりするのが好きです。山や海によく行きます。たまに都会。

日本にいる時もラクダと過ごせるよう試行錯誤しています。

★今年のインドではラクダの石鹸づくりやチーズをつくってみたい。2018-2019★