インドに向けて出発!!2017−2018 ラクダ毛刈り旅

moai

去年はドバイの帰りで一昨年に毛刈りしたラクダが売られてしまっていたのをインドに着いてから知ってがっくりしたけど、今年は毛刈りができるラクダがいっぱいいるとメールがきていたのでわくわくしていざ出発!!

moai

中国東方航空の安いチケットを買ったがために飛行機が大幅遅延で乗換できずにまさかの中国に一泊。理由は上海の空港に飛行機がいっぱいで降りれないからだという。。。。今年はテレビが一緒とゆうことでドキドキしていたのに、中国で一泊することによりさらにドキドキが増す。。(発表会の前のような長らく味わってなかったやつ)そして上海空港につくまでの海の色は初めてみたくらいものすごい色をしていた!海は繋がっているのにこれは大変なことだとざわついた。

無事インドに到着して撮影チームと合流!!3年ぶりか4年ぶりにまた再会できて嬉しい。けど、カメラで撮られるのはやっぱり何年たっても慣れない。まずどこを見ていればいいのかわからんから挙動不審になる。口数も減る。。。そして寝る前になんでもっと話さんかったんやろうとか、あれは自分じゃないみたいとか考えていつのまにか就寝。 (多分、カメラのレンズの周りが黒じゃなくて発泡スチロールとかで黄色とかピンクやったら緊張しないと思う)
今年はグループやから気分が違う。スパーマリオの無敵モードの音楽がなっている(気分)
空港の外は私が興奮してるからか何なのかインド人のエネルギーが充満している。

indiangirl
この日は一泊して次の日。冬のインドはほとんど晴れ。
ビカネールまでのチケットを駅に取りに行った。

何よりびっくりしたのがチケットを買う外国人専用の部屋でいつも2時間も3時間も待つのに今年はクレジットカード専用のデスクがあって待たずにすぐチケットが買えるという!!!素晴らし〜〜!! と喜んだのも束の間、結局カードのマシーンの調子が悪いだなんだで1時間以上まってチケットゲット。

ビカネールまでは朝八時半のデリー近くの駅から出発してビカネールにその日の16時半に到着。8時間はあっとゆうま。寝転んだり食べたり隣のインド人と話したりまた寝たらすぐビカネール!!だいたい250ルピー(500円)くらいでいける。

そしてビカネールに向け出発

 

sleeper class

indiantrain

そしてやはり私の席はいつのまにかみんなのものとなる。

電車の中で隣に座っていたインド家族頂いたイドリーを食べすぎたせいか、、油っこいポテチを食べすぎたせいか、、インドの空気か砂埃か、寒い場所からの暑さなのか、、、、ビカネールに着いてから嘔吐と下痢のダブルパンチの絶不調のままビカネール毛刈り生活の幕開け〜〜〜

 

ビカネール駅

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください