ついに潜入!!ロイヤルファミリーの完全プライベートZOO!!!

camel uae baby

フジャイラに来てから近所散策など暇を潰すこと2日。ついに!!ラクダの場所へ!!!!

camel uae baby

本当はもっと早くにシェイカ(お姫様という意味 シェイク:王子様)に会って今後の毛刈りプランをたてる予定だったけどインドから帰って間もなく疲れているとのことで延期になっていた。

先に毛刈りするラクダを選んでちょうだいとの事で車にのり山に向って走る事10分、、、、

ここがロイヤルファミリーの住んでる家だよとコーディネーター。

でかいでかい。。。。

車は走り続ける。。。。

塀に囲まれているから中の様子は見えないけど中に横断歩道があったのは確か。

ここで終わりと言うまでものすごい距離だった。。。ゲートにはアーミーの厳重なセキュリティー。ただならぬ雰囲気。

そして更に走る。

ここからは全部プライベートゾーンだから立入禁止だよと言った先は広大な敷地と山々が連なっている。。。どんだけプライベートにするんやと突っ込みたくなるでかさ。王族ってすごいな。

そしてそこから更に走るとジャングルゾーンになる。道の両端に塀があって中には不自然なくらいの木が生い茂っている。この中には ライオンとかヒョウとか虎とか馬とかがいるらしい。(今度見せてくれるみたいなので写真とってきます!!)   なんせこのプライベート動物園には2000以上の動物がいるからびっくり。 お客さんはシェイクの家族だけ。。。に対して飼育員100人以上。飼育員はパキスタン、インド人がほとんど。きれいで広い寮があってご飯付き。ジュース、ヨーグルトなども毎日配られて結構条件もいいみたい。炭酸やレッドブル飲み放題もポイントが高い。

ジャングルゾーンを抜けるとようやく牛とかラクダゾーンになる。

ゲートをくぐった後はタイヤの汚れを落とすシステム

gate

ヤギコーナーではこれは日本から取り寄せたヤギだぞと、見た事あるヤギたちがいっぱい居た。ラクダにせよ、ヤギにせよ、牛にせよ、世界各国から色んな種類を輸入して更にここで繁殖させて増やしている。(スペインからの闘牛も!あれだけは危ないとみんなが言ってた)  敷地内には動物の薬屋さんがあったり、さらに新しいヤードを増築中でまだまだ動物が増えるという。。。今でもすごい数なのに。どれもビジネスじゃないってゆうところがまたすごい。

一番驚いたのはどのヤードの中もゴミ一つ落ちてなく、糞さえもきれいに掃除されている。こんなに動物がいてこんなにキレイな状態が保てるのは本当にすごい。従業員の働きが本当に素晴らしい。。何回も言うけど本当にきれい。全然臭くない。ハエもいない。感激。

やはり規模が凄すぎる。

ラクダゾーンには思いもよらぬフタコブラクダが!!!!  初めて触ってテンションがあがる〜〜〜〜!!!

two humps camel uae

興味津々!!! な様子。

ヒトコブラクダよりも懐っこくって走って追いかけてくれます。大好きになった。

%e3%82%89%e3%81%8f%e3%81%9f%e3%82%99_9530

白いのも

white camel

山みたい。

camel humps

まだ小さいフタコブさんも。

baby camel two humps

フタコブラクダってこんなにも懐っこいんや〜〜〜知らなかった〜〜。。。
モンゴルから来たらしい。

あ!!だから私になつくんかな??!! と言ったら誰にでもそうやと即答されました。

こんな風にヤードがずっと連なっている

camel yard

各ヤードには自動の水飲み場がついている。無くなったら出てくる歯医者さんのうがいの水みたいな感じ。

water machine

camels in uae

真っ白ラクダの家族とか。

white camel

white camel

この家族は色々をかけ合わせたやつらしい。なんだか柄がヤギみたい。。詳しいことは怖くて聞けなかった。目が青色!!!
初めて見た。

camel fujairah

camel uae

camel special

camel two tone

赤ちゃん

camel baby

camel family

ツートンカラー

camel uae

doble color camel

赤ちゃんもいっぱい

baby camel

camel hung out

baby camel

移動は車かこれ

bike

水を撒くでっかいタンクローリーはもっぱらベンツ。

camel uae

こちらはラクダを撮影するシェイカ専用の撮影スタジオ。撮影日に照明器具などセッティングしてラクダを撮るらしい。

たしかにインドだったら後ろに人が写り込んでしまうからナイスアイデアや! うらやましい!

とにもかくにもラクダ好きにはたまらない最高の場所で、贅沢にも私はこのたくさんの中から毛刈りするラクダを選ぶのでした。。つづく

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください